ミウラ折りとは

“ミウラ折り”は三浦公亮先生が考案した宇宙構造工学の研究に基づく、小さな力で大きく開く折りの技術のことです。この研究開発によりさまざまな商品が「ミウラ折り」として実用化され、日々活用され続けています。

ミウラ折りの技術は宇宙でも大活躍

宇宙実験・観測フリーフライヤー
イラスト水野哲也

1994年に打ち上げられた「宇宙実験・観測フライヤー」で太陽光パネルの開閉にミウラ折りが採用され、見事に成功しました。

2005年ハーバード大学の研究チームによって、蝶の羽化前の羽など、自然界にも「ミウラ折り」が存在することが突き止められました。

セイヨウシデの若葉など、木の葉などのが、芽の状態の時にはミウラ折り状に折りたたまれております。自然界でも少ないエネルギーで効率よく開ける形がミウラ折りと同じ構造と考えられています。

この技術を商業利用として開発し、現在は会社案内・商品カタログ・MAP・観光情報・レジャーシート・サンシェードなど多角的に実用化が進み、世の中に貢献できるようになりました。

折り線がジグザグ、折り目が重ならない

通常の折りは、直線・直角に折れています。「ミウラ折り」は折り線がジグザグでひとつひとつが平行四辺形になります。
ジグザグになることで折り目が重ならなくなり、開閉時に紙に負担が無く、破けにくくなります。

三浦公亮先生からのご挨拶

「ミウラ折り」は、いろいろな方向に広がりを見せております。宇宙の展開構造物、折り紙、地図、マイクロメディア、生物学との関係も取り上げられております。

「ミウラ折り」についての情報をより多くの方に提供すべく、情報拠点として提供出来ればと考えております。

  • 1.標準的な知識を提供すること。

    「ミウラ折り」は非常に多くの情報がWEBに存在しますが、それらの情報を標準的な知識として提供する。

  • 2.古典的文献のPDFと解説を提供すること。

    「ミウラ折り」の文献は、広い分野に分散しています。特に古い文献は、ミウラ折りという通称では検索できないこともあり、検索も入手も困難でした。今後はこの情報も提供出来るように考えております。

  • 3.関連する製品や設計について、情報を提供すること。

    「ミウラ折り」の新しい製品化や新しいアイディアに対し、知識や研究成果を提供出来ると考えております。更に、関心のある方々のご協力により、魅力あるサイトに作り上げたいと存じます。

  • 三浦公亮(みうらこうりょう)
    1930年東京生まれ。
    東京大学工学部卒業。
  • 東京大学宇宙航空研究所、文部科学省宇宙科学研究所で宇宙構造工学を研究。
    数多くの人工衛星・惑星の開発設計に関り、新しい宇宙構造物の発明と宇宙での構築を実現し「宇宙の建築家」と呼ばれる。